2013-08-28

【気候と食】『梅』で低体温を改善☆~実験編~

%E3%81%8A%E8%8C%B6.jpg
今回の実験で飲んだ梅しょう番茶

みなさんこんにちは☆
前回は、梅の歴史・効用から梅が夏にぴったりなことをご紹介しました^^
今回は、梅をさっそく摂ってみて、実際に身体に変化があるのか調べてみました。

ただ、梅を毎日摂るのは大変だと思います><
そこで、梅を手軽に摂れる「梅しょう番茶」を作って実験してみました☆

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候と食】『梅』で低体温を改善☆~実験編~"

List    投稿者 staff | 2013-08-28 | Posted in N.健康・医療・食品No Comments » 
2013-08-27

【海底ケーブルを流れる情報が傍受されて諜報機関に売られていることが判明】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
SW-TOP.jpg
(画像はコチラからお借りしました)
アメリカ国家安全保障局(NSA)をはじめとする諜報機関による通信の傍受が広く伝えられていますが、その具体的な手法についてはあまり明らかにされていませんでした。
今回紹介する記事には、ネット上の情報収集を行う企業のプレゼン資料と共にその手法が紹介されていました。そのサービスを行っている「Glimmerglass」社はアメリカ以外でも、ドイツ・イスラエル・英国・そしてアジアの2カ国を含む7カ国や、諜報機関と取引していることを認めているとのことです。
無数にある通信情報の中から、一体どのような方法で情報収集を行っているのでしょうか?

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【海底ケーブルを流れる情報が傍受されて諜報機関に売られていることが判明】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 mineral | 2013-08-27 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2013-08-22

【気候シリーズ】何故、今年の夏は太平洋側は猛暑、東北と山口・島根は集中豪雨となったのか?(後編)

では、この偏西風の大蛇行とブロッキング現象は何によってもたらされたのでしょうか。実は、この夏場の現象はその前年の冬の北極振動と寒波がもたらしたものではないかという仮説があります。三重大学、立花研究室の研究です。
●冬場の北極振動がもたらす大陸性寒波の発達が、めぐりめぐって日本の夏に猛暑をつくりだす!?

http://www.jamstec.go.jp/esc/seminar/0067.html

我々は冬の負の北極振動が夏の北極振動に影響を与えるまでの仮説を立てた.冬の負のNAOは低緯度・高緯度北大西洋の海0表面温度 sea surface temperature: SST を冷やさない傾向にあることが知られている.
2009/2010年の冬の強い負の北極振動も,低緯度・高緯度北大西洋のSSTを非常に高い状態に保ったと考えられる.海の熱容量が大きいので,SSTが高い状態は春まで続いたと考えられる.SSTが暖かいと春から夏にかけて逆に海洋が大気を暖め始める.その影響により,ヨーロッパ域で高気圧が形成され,ジェット気流の蛇行が起きる.ジェット気流の蛇行からブロッキング高気圧が形成され,正の北極振動の気圧配置が固定され,長く高気圧に覆われた日本やロシア,ヨーロッパで記録的な猛暑を引き起こしたのではないか,という仮説である。



図解は三重大学立花研究室の資料から

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候シリーズ】何故、今年の夏は太平洋側は猛暑、東北と山口・島根は集中豪雨となったのか?(後編)"

List    投稿者 staff | 2013-08-22 | Posted in D02.気候No Comments » 
2013-08-20

【気候シリーズ】何故、今年の夏は太平洋側は猛暑、東北と山口・島根は集中豪雨となったのか?(前編)

東北地方及び山口・島根を襲った集中豪雨。
諏訪湖花火大会を襲った集中豪雨。
その一方で最高気温を更新した四万十等。
気象の変化の激しい夏となりました。まだまだ猛暑は続きそうですが、この夏の気象を整理しておきましょう。
まずは、ニュースサイトから「東北地方及び山口・島根を襲った集中豪雨」について
こちらの記事では「積乱雲次々と発達し延々降り続くバックビルディング現象」が起こったとしています。
backbuild.jpg
図解は朝日新聞WEBから

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候シリーズ】何故、今年の夏は太平洋側は猛暑、東北と山口・島根は集中豪雨となったのか?(前編)"

List    投稿者 staff | 2013-08-20 | Posted in D02.気候No Comments » 
2013-08-18

原発推進の自民が選挙圧勝・・・近代科学の問題性

7月21日の参院選、自民党が圧勝でした。
%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%9C%A7~1.JPG
 写真はここからです。
 
 自民党が勝ったということは、TPP、原発、消費税増税が、
 推進されていくことでもあります。
 原発が推進されて、大丈夫なのか?
思い返せば、’11年3・11東太平洋地震+原発事故以降の政府や東電の取った行動は、事実隠蔽、問題解決後送りで、未だに問題が噴出する一方です(最近は地下水汚染問題)。
 最先端技術と思われた原発に対する、大衆の危機感、不安感は高まる一方ですが、それを、政府はマスコミを使い、『原発安全』を盛んにPRしています。本当に大丈夫なのか?近代科学は万能なのか?なぜ、万能と思い込んでいるのか(思い込まされているのか)?
 今回は、この近代科学の問題性に注目します。この環境ブログで、過去に扱った記事を引用したいと思います。
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ~「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害~
続きを読む前に、いつものポチをお願いします。

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "原発推進の自民が選挙圧勝・・・近代科学の問題性"

List    投稿者 runryu | 2013-08-18 | Posted in 未分類 | No Comments » 
2013-08-17

福島原発から放射能汚染水を海に放流→東電、政府の隠蔽工作

%E6%B1%9A%E6%9F%93%E6%A7%8B%E9%80%A03d490341.jpg
画像は こちら から借用しています。 

2013年7月21日に投開票された参院選の翌日、2013年7月22日東電の尾野昌之原子力・立地本部長代理は記者会見で「18日に経済産業省や原子力規制庁に対し、海洋流出を裏付けるデータを提供した」と説明した。
2013年8月8日。政府の汚染水処理対策委員会が開かれ、茂木経済産業相は、原子炉建屋に流れ込む前の地下水のくみ上げと海洋放出の可能性について検討するよう指示した。
福島県の廃炉安全監視協議会は2013年8月6日、1、2号機東側の護岸で進む遮水壁の工事現場などを緊急視察し、東電の汚染水対策について「場当たり的」などと厳しく批判した。
協議会委員からは東電の対応は「もぐらたたき」「対症療法的」などと不満が噴出。県原子力安全対策課の渡辺仁課長も「汚染水をめぐる対応は事後的、場当たり的だ。リスクを想定し、全体像を明示した対策を取ってほしい」と強く要請した。
今回の汚染水をめぐる報道と東電・政府の対応については、その発表時期もふくめて様々憶測と不信が駆け巡っています。
以下今回の汚染水問題について整理してみます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "福島原発から放射能汚染水を海に放流→東電、政府の隠蔽工作"

List    投稿者 chai-nom | 2013-08-17 | Posted in F03.原子力発電ってどうなの?No Comments » 
2013-08-16

自然の中で生きる人、自然の中で「がん」と闘うべし

%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0.jpg
画像はこちらからお借りしました。
  
切除や抗がん剤など、がんに対する近代医学的治療法は人間の体をズタズタにし、免疫力を落とし、命を奪っていきます。
 
「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢
 
ガンの手術は、猛烈な発ガン効果がある
 
こんな事実がありながら、いまだに先の治療にすがるのは、近代科学信仰とも言える「科学的に証明されたことは絶対だ」と対になった「伝統的な治療法は迷信だ」という価値観から逃れられないことにあります。
 
ところが、実際には発見から70年ほどたつペニシリンすら、体の中でどのように作用しているのかは、仮説段階のままでいまだにわかっていません。つまり、薬が複雑な生命機構の中で、どのように反応しているのかは、現在の科学では手も足も出ないくらい難しい課題なのです。
 
このような事実を受け入れることが出来たなら、道は大きく開けます。そのための条件は、自然や生命原理という課題に対して、現在の人間の知恵は、いかに無力であるかを認める謙虚な姿勢です。
 
そうすれば、この謙虚さをもとに先人が蓄積してきた、豊かに生きるための知恵が役に立ちます。これはそのまま、自然の摂理に則した生き方としての、がん治療に繋がります。
 
今回は、このような事例を紹介します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の中で生きる人、自然の中で「がん」と闘うべし"

List    投稿者 staff | 2013-08-16 | Posted in N05.「がん」を考えるNo Comments » 
2013-08-15

食はグローバル化するものではない

 当ブログはTPPに反対しています。
それは、法体系をアメリカの下に組み込み、日本を米資本のさらなる草刈り場と化すことが目的で、根本的に日本のコミュニティーを破壊する可能性を持つからであり、マスコミの言う、貿易の儲かる儲からないのレベルではありません。
しかし、当然、TPPに参加すれば日本の農業は世界と競争させられることになります。それは、マスコミが言うように我々にとって良いことなのでしょうか?
過去の記事で、今読むと古い部分もあるのですが、食に関する記事を紹介します。
るいネット 聖域なんてない! TPPの不都合な真実!!① より
食材を自ら加工する術を失った民族が生き残れるか?
みなさん、お正月どうでした?おいしいおせちをいっぱい食べましたか?
そろそろ、さっぱりとしたものが食べたいんじゃないでしょうか。やっぱり、和食ですね。
日本料理はヘルシーと言われますが、米と魚と野菜だからでしょうか?
もうひとつ油の使い方があると思います。
日本料理は基本的に鍋で作ります。油はさほど必要ありません。油を使うのは揚げ物。ここでは主に加熱媒体として使われています。水分を蒸発させ、素材のうまみを凝縮します。だから、素材を守るために衣を付けます。
しかし、フレンチではフライパン、中華では中華なべ、必ず油を必要とします。そして、加熱媒体としてだけではなく、調味料、食材そのものとして使われます。フレンチのテリーヌの原型は食材を脂で固め保存食としたものです。
最も違うのが味覚の媒体の差だと思います。
フレンチも中華も料理の中の旨みは油分に染み出ています。油が旨みの媒体となって舌に届きます。
日本料理では、旨みは水分に染み出ています。
この続きは・・・ポチッとしてから

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "食はグローバル化するものではない"

List    投稿者 hihi | 2013-08-15 | Posted in N01.「食への期待」その背後には?No Comments » 
2013-08-14

調味料を買うときも商品ラベルは要確認!!

main2.jpg
参照http://www.komego.co.jp/sushi/syouyu.php注:こちらの画像は美味しい本物のお醤油です。
こんにちは :D
皆さんは、調味料を買うときに商品ラベルを確認されているでしょうか??
日本人の私たちならとってもよく使う「しょうゆ」にもたくさん化合物が入ったものがあるんです
特に安い「しょうゆ」は要注意です
安いしょう油は脱脂加工大豆を原材料にしています。これは、工業的にレシチン(ラクトアイスにも使われています)や大豆油を取り出して残った大豆です。たしかにこれも立派な大豆ですが、油分が失われているため、油由来の風味は少ないものになります。
そのような「しょうゆ」は化合物なしでは味わいが難しいようでたくさんの化合物が入っている可能性が高いようなので商品ラベルは要チェックです
商品ラベルを確認すると、グルタミン酸ナトリウムなど各種合成アミノ酸で調整したものなどが含まれています。
今回はこのグルタミン酸ナトリウムに関する記事をご紹介したいと思います :D
知らないうちに化合物がたくさん入ってしまっているものを買っているかもしれないですね
参照http://news.mynavi.jp/column/rabel/003/index.html

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "調味料を買うときも商品ラベルは要確認!!"

List    投稿者 staff | 2013-08-14 | Posted in N04.人工物質ってどうなん?No Comments » 
2013-08-12

アメリカでは携帯電話の電磁波による人体への影響を調査し、改めて基準を見直す検討を今年4月に開始

お盆休み特別企画ということで、普段のシリーズ記事とは別の記事を連日お送りしていきます。
最近の時事問題を皮切りに、当ブログ独自の切り口で、お送りしたいと思いますので、宜しくお願いします。
2日目のニュースは「アメリカでは携帯電話の電磁波による人体への影響を調査し、改めて基準を見直す検討を今年4月に開始」というニュースです!
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201304011213.html
前書きとして、上記のニュースに対して、参考になる当サイトの過去記事を紹介致します。
————————————————————————————–
(【電磁波】電磁波の人体への影響~携帯電話の危険性は電子レンジの比ではない!)
%E6%90%BA%E5%B8%AF%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%A8%AA2.jpg
☆☆☆はじめに
電磁波シリーズ前回は、『電磁波の発生と受信の仕組み』 リンク を学びました。

☆電磁波の発生の仕組み【おさらい】
コンデンサに電流が流れたとき、コンデンサにある2枚の電極の間には電荷が溜まる
     →電界が発生する
電流が交流の場合、コンデンサに溜まった電荷の向きは周期的に変化する
電荷の向きが常に変化し続けるという状態、すなわち電界が変化する状態が磁界の
    変化を誘導する
磁界の変化が起こると、また電界の変化を誘導して・・と電界と磁界の変化が交互に
    起こる
電界と磁界の変化が交互に繰り返し起こることで「電磁波」が発生する

ということは、交流電源の機器であれば、どこからでも電磁波が出ているといえます。
また、直接電磁波を発生させて使用する機器:電子レンジ、携帯電話、蛍光灯も、私たちの生活の中で当たり前のように使われています。
 
一方、最近は電磁波による身体への悪影響を心配する声が増えてきています。
「電磁波過敏症」という症状もあるくらいです。
 
それにも係わらず、あらゆる物から発生している電磁波の危険性について、これまでほとんど議論・追求されていません。
むしろ、利便性、市場拡大のために、無視され続けてきたとも考えられます。
そこで、今回は電磁波の影響について追求する前段階として、実際どのくらいの電磁波が出ているのか、影響を見るために何を指標にすればよいのか、電磁波についての調査を行いました。:P
応援クリック よろしくお願いします
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "アメリカでは携帯電話の電磁波による人体への影響を調査し、改めて基準を見直す検討を今年4月に開始"

List    投稿者 moririn | 2013-08-12 | Posted in D04.電磁波No Comments »