2013-08-11

宇宙は膨張していない!?~科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁~

今回から盆休み特別企画ということで、普段のシリーズ記事とは別の記事を連日お送りしていきます。

最近の時事問題を皮切りに、当ブログ独自の切り口で、お送りしたいと思いますので、宜しくお願いします。

まず初日のニュースは「宇宙は膨張していない!?」という発見のニュースです!

☆ ☆ ☆ 近代科学の常識が覆される事象の発見

宇宙というのはまだまだ未知な部分が多く、計り知れないミステリーが沢山あります。
今回紹介するのは、これまでの宇宙論において常識とされていた、宇宙膨張説を覆す記事です。

宇宙はビッグバンによって始まり今もなお膨張していると考えられている。この説は約100年間、宇宙の基本モデルとして信じられている。
しかしこの度、ドイツはルプレヒト・カール大学ハイデルベルクのChristof Wetterich博士によって、宇宙は広がっていないという新たな説が提唱された。

宇宙論新説‐宇宙は膨張していない

そして、今年の3月には、ビックバン理論で考えられる星の誕生よりも古い星が発見されています。

参考:ビックバン理論より古い星の発見 ~価値観による宇宙論、科学論の崩れ~

ビックバン宇宙論の最も重要な根拠は、遠方の星から発せられる光のスペクトルが赤方偏移しているという事実だけで、それに、地球上の音波で観測できるドップラー効果を適応して、宇宙空間は膨張しているという仮説論理を組み立てました。

しかし、これらの発見により、その仮説論理が崩れはじめてきたということになります。

☆ ☆ ☆ 近代科学信仰の壁が今の社会問題の突破を妨げている

さて、これらの発見が一体何を意味するのでしょうか?

現在、様々な社会問題には、その分野の専門家と呼ばれる学者達があたかも答えを出そうと膨大な研究費を浪費しつづけているのですが、今主流の理論を信奉する学者は、それに疑義をはさんでも聞く耳を持たないと言う壁が存在します。まるで、自らが権威であり、素人は口出しするなと言わんばかりです。

自分の都合に悪い事象は認めず、自論を正当化し続け、これまでの絶対化された近代科学を信仰し続けた結果が、3.11原発事故に他なりません。

今回紹介するのは現在の近代科学の壁と、その突破口についてまとめた記事をご紹介します。

以下、
素人が創る科学の世界~プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』より転載

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今、大きな社会問題となっている原発事故は、さまざまな要因が組み合わさっています。例えば、官僚、電力会社、政治家、御用学者、マスコミなどの特定集団の利権維持行為が事実を隠蔽歪曲し、状況を混迷させていること。また、肝心の原発技術の未熟さが露呈したことなどです。
このことについては、当ブログでは『東北地方太平洋沖地震~原発は必要か否かシリーズ』で、以下の結論に至りました。

自然の摂理を踏み外してしまった原発技術開発

「原発は、頭のてっぺんからつま先まで“ウソ・騙し”」

『統合なき専門家体制』の末期症状(暴走)-その1

己の保身を第一とする無能者が社会統合の位置に陣取っていることが根本問題

『統合なき専門家体制』の末期症状(暴走)-その2
私たち自らが事実を紡いで答をだし社会を動かす

しかし、原発事故の根本的原因である地震については、膨大な研究費を使っているにもかかわらず、予測の精度は極めて不十分という状況です。これは、問題解明の道具であるプレートテクトニクス理論そのものの妥当性までさかのぼるような問題で、多くの解決すべき課題を残しています。

プレート説では説明できない事象①

プレート説では説明できない事象②

そして、これらの問題を統合する新しい理論が必要になってきている現在、『熱移送説』など、可能性のある切り口をもつ理論も存在しています。しかし、そこに踏み込むためには、地球の内部構造、電磁波の影響、そこから派生する宇宙論や量子論など、いまだに良くわかっていない課題は山積みです。

しかしもし、これらの課題が新しい理論によって統合されるなら、地震の解明だけではなく、新しいエネルギーのありかたまで拓けていく可能性が出てきます。

ところが、これらの問題に対して社会現象とも言える壁が存在しています。それは、原発の『御用学者』もまったく同じで、今主流の理論を信奉する学者は、それに疑義をはさんでも聞く耳を持たないと言う壁です。まるで、自らが権威であり、素人は口出しするなと言わんばかりです。そのような態度に、大衆はうんざりしています。

それは、よりみんなのために役立つ理論を提供して欲しいという大衆の思いに反しているからです。

このような現象は、19世紀半ば以降、大学制度のもとに国家によって体制化され庇護されてきた科学者』という職業自体のもつ、国家追従や権威主義という属性が、『御用学者』という揶揄とともに噴出してきたのだと思います。このままだと、一番新しい理論が必要とされている今、何の答えも出ず、状況は悪化して行くばかりです。

そうすると、みんなに役に立つ科学認識を素人の力で創りだす必要に迫られることになります。しかし、素人のほうも『そんなことできるのだろうか?』という不安が無いわけではないでしょう。そこで、今回は、これらの追求は素人でも出来るのかどうか?考えていきましょう。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "宇宙は膨張していない!?~科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁~"

List    投稿者 tutinori | 2013-08-11 | Posted in C.素人が創る科学の世界No Comments » 
2013-08-08

【地球のしくみ】31(総集編4/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<大気の進化編>

ここまで【地球の誕生】 【生命誕生以前の地球環境】 【生命の誕生】 【生命の進化】
を見ていくなかで、“地球のしくみ(摂理)”を学んできました。

【地球のしくみ】27(総集編1/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<地球の誕生・進化編>  

【地球のしくみ】28(総集編2/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生命の誕生編> 

【地球のしくみ】29(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・・前編 

【地球のしくみ】30(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・・後編 

【地球のしくみ】シリーズのラストでもある総集編の最終回は、「大気の進化」を中心に、宇宙、太陽、地球、そして生命が相まって織り成す世界から“地球のしくみ(摂理)”を見ていきます。

%E2%97%86%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%83%BC%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%83%BC%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%83%BC%E5%AE%87%E5%AE%99%E2%97%862013.08%2C05.JPG 

◆ 生命-地球-太陽・宇宙が織り成す環境

銀河系内の超新星爆発などで、宇宙空間は超高エネルギーの【宇宙線】が飛び交っています。
この宇宙線の主な成分は、アルファ粒子(ヘリウムの原子核)やリチウム・ベリリウム・ホウ素・鉄などの原子核に含まれた陽子で、これらのプラズマ粒子は地球にも常時飛来しています。

また、太陽は、水素核融合による爆発を活発に繰り返し、表面は高温でコロナを吹き出しています。その中でも特に巨大な爆発は、太陽の引力を振り切って超高速で約100万度の高温状態の電子と陽子が分離したプラズマ粒子のガス【太陽風】を大量に吹き出します。
この太陽風が地球付近に到達した状態は、温度が約10万度、速度が秒速450万キロで、プラズマ粒子数が1センチ立方あたり5~10個となります。

また、太陽の核爆発により生じる超高エネルギーは、光のエネルギーに変換され、様々な波長をもつ電磁波で放射されます。その電磁波は、低エネルギーの可視光線や赤外線としてだけではなく、【紫外線】さらにはγ線・X線の【放射線】の高エネルギーの電磁波としても地球に降り注ぎます。

これら超高エネルギーの“プラズマ粒子”の宇宙線・太陽風そして高エネルギーの“電磁波”の放射線・紫外線は、地球に降り注ぎ地球の物質や生命に多大な影響を与え、それにより地球の環境は変動します。
また、地球形成時に微惑星・隕石の衝突を繰り返すなかで蓄えられた内部エネルギーは、宇宙へ放射し続けていますが、その放射熱量(例えば火山活動)により地球環境は変動します。

地球環境は、宇宙と太陽の動きと内部エネルギーの放射に連動して「物質の分子進化」が起こり、それに生命の誕生を挟んだ「生物進化」が相まって、“新しい環境”をつくり出し続けている。
そのなかで地球の大気も進化をしてきた。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地球のしくみ】31(総集編4/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<大気の進化編>"

List    投稿者 kirin | 2013-08-08 | Posted in D.地球のメカニズム, D01.地球史No Comments » 
2013-08-07

何故人類はアフリカを出て中高緯度帯へ進出していったのか?

●何故人類はアフリカを出て中高緯度帯へ進出していったのか?
シリーズ「気候変動に人類はどのように適応してきたのか?」では人類と環境のかかわりを歴史的に振り返り、そこから寒冷化する世界をどうやって乗り超えていけるかのヒントを探っていこうと考えています。http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/04/001308.html シリーズを考えていた当初は縄文時代に焦点を当ててと考えていたのですが、もう少し、広い視点でみてみようということで、今回は、人類誕生・出アフリカの時代にスポットをあててみたいと思います。
さて、出アフリカについて、私の長年の疑問は、「何故人類はアフリカを出て中高緯度帯へ進出していったのか?」です。初期人類は直立二足歩行といえば高度なサルのように思えますが、その本質は「木に登れなくなった劣等ザル」です。何故、そのような人類が、寒冷乾燥の中高緯度帯へと進出していったのでしょうか?
%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E6%8B%A1%E6%95%A3%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3.jpg
上は出アフリカの軌跡地図

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "何故人類はアフリカを出て中高緯度帯へ進出していったのか?"

List    投稿者 staff | 2013-08-07 | Posted in D02.気候No Comments » 
2013-08-03

太陽と地球 未知なる攻防・・・3.太陽から放出される磁気。それらが地球に与える影響。

%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%A3%81%E6%B0%97.jpg
                                     (画像はコチラからお借りしました)
 
前回の「太陽から地球へ流れ続ける、一定のエネルギー」では太陽から出る電磁波・物質について説明しました。
 
今回はそれらが太陽から出るメカニズムについて追求していきます。
 
前々回の太陽活動の表より、今回注目するのは黄色の部分になります。
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A-1.jpg
 
☆☆☆太陽風の起こる原因は太陽の磁場
 
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A-2.jpg
地球では、方位磁石のN極が北極(正確には北磁極)を指します。
地球の北極に磁石のS極があるため、方位磁石のN極が引きつけられるのです。南極には磁石のN極があり、地球は、それ自身が1つの大きい磁石になっています。
太陽では磁場はどのようになっているのでしょうか。
太陽表面は、強い磁石が何個もちりばめられた、複雑な磁場構造を持ちます。記事上部にある図の線が太陽表面の磁力線です。複雑に入り乱れた磁力線構造が分かります。
では、この磁力線はどのようにして太陽から出ているのでしょう?

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "太陽と地球 未知なる攻防・・・3.太陽から放出される磁気。それらが地球に与える影響。"

List    投稿者 staff | 2013-08-03 | Posted in D.地球のメカニズムNo Comments » 
2013-08-02

自然の摂理ML selection☆*:・’~髪のお悩みはシャンプーから来る!?シャンプーの恐るべし真実><

みなさん、こんにちは
自然の摂理ML selection☆*:・°です
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%B7.jpg
皆さん、こんにちは
家から会社への通勤だけで‘ほんのり日焼けする’夏ですね~♪
夏って、紫外線がもろに気になる時期ですよね
肌だけでなく、髪の毛の傷みなんかも気になったりしますよね :cry:
抜け毛や枝毛、髪のお悩みを抱えている方も多いのではないかと思います。
その要因の一つが、シャンプーであることを皆さんは御存知ですか

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の摂理ML selection☆*:・’~髪のお悩みはシャンプーから来る!?シャンプーの恐るべし真実><"

List    投稿者 staff | 2013-08-02 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 
2013-07-31

気象操作の歴史を遡る3~西洋人の思考の根幹を成す一点突破思考

%E9%9B%A8%E4%B9%9E%E3%81%84%E3%80%80%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%A6%E3%82%8B%E5%9D%8A%E4%B8%BB%EF%BC%92.jpg
(画像はコチラからお借りしました)
今年の夏も暑い ですね。
こうして人工気象操作を調べていると、
気候をコントロールしたくなる気持ちも分かります :roll:
「気象操作の歴史を遡る」シリーズでは、1回目にロシア、2回目にはアメリカの気象操作技術を紹介してきました。
3回目の本エントリーでは、いよいよ人工気象操作の歴史に遡り、なぜここまで気象操作に収束したのか?その思考に迫ります。
これまでみてきたように、一定気象をコントロールする技術が存在するようですが、その技術はどのように開発されてきたのか?雨乞いからに気象操作に至るまでの歴史的背景を振り返りながらその思考を順に整理したいとおもいます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "気象操作の歴史を遡る3~西洋人の思考の根幹を成す一点突破思考"

List    投稿者 mineral | 2013-07-31 | Posted in D02.気候No Comments » 
2013-07-30

【世界初の地熱発電が日本の原発を不要にする。シェールガス革命がもたらした日本の最新技術】科学を身近に☆NewStream

自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
 
power_generate.jpg
 
今週は地熱発電に関するニュースです。
 
エネルギーの大半を輸入に頼っている日本にとって、電力の完全自給も夢ではない画期的な技術が開発されています。
 
従来使われていた地熱発電用の井戸よりももっと深い地層まで掘削してパイプを通し、そこに高い水圧の水を供給して高温の蒸気を得る「延性帯涵養地熱発電」と呼ばれる世界初の方法で、弘前大学の北日本新エネルギー研究所が中心になって考案しました。
 
以下、JBpress:世界初の地熱発電が日本の原発を不要にする~シェールガス革命がもたらした日本の最新技術~より引用します。
 
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【世界初の地熱発電が日本の原発を不要にする。シェールガス革命がもたらした日本の最新技術】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 staff | 2013-07-30 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2013-07-26

【原発関連情報】参院選:山本太郎が突きつける原発再稼動問題

 今回の参議院選で、脱原発を主張して当選した『山本太郎』。一方で、「原子力ムラ」代表である『浜野喜史』も当選を果たしました。
 浜野喜史氏は、民主党大敗の中、比例区党内2位の得票数で当選しました。22万人の規模を誇る電力会社の労組組織「電力総連」の組織内候補です。いかに、「原子力ムラ」の結束が固いのかがわかります。
  
  1f5fe9fbaa7cf38f3256f1e42b17b011.png
  画像はこちらからお借りしました。
 一方、「反原発」を主張し当選した無所属の山本太郎氏は、大激戦の東京選挙区の4位で初当選を果たしました。山本太郎氏の主張といえば、反原発ですが、これは、単に原発反対と唱えているだけではなく、原発再稼動問題の”核心”たる「日米原子力協定」を突きつけていたのです。彼の演説を読んで見ると、政治家の話より、結構、頷ける話が多いのです!!ここでは、山本太郎氏の演説を引用させて頂きます。
では、続きを読む前に、いつものポチをお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【原発関連情報】参院選:山本太郎が突きつける原発再稼動問題"

List    投稿者 runryu | 2013-07-26 | Posted in 未分類 | No Comments » 
2013-07-24

森林問題の深層◆2)混迷した林業政策の歴史(2) 平安時代・鎌倉時代の林政

前回 は、「渡来人が伐りまくって近畿圏の大径木は無くなった(古代の略奪)」ことを述べた。
今回は、中世のことをサラッと触れてから、次は、江戸時代の森林事情について見ていきたいと思う。
【平安時代】
◆農地の管理権は、換骨奪胎されて所有権と化す◆
奈良時代後期(8世紀)から課税逃れの偽籍・逃亡・浮浪が増大し、律令制度の根幹たる人別支配課税制度は綻びを見せる。そして、9世紀末から10世紀初頭に政府は、土地を対象に課税する体制へと大きく方針転換した。
それは、民間の有力百姓層(富豪層)に権限を委譲して、これを現地赴任の筆頭国司(受領)が統括するという支配体制(王朝国家体制)であった。その後特定の権門が独占的に徴税権を得る荘園が時代の節目ごとに段階的に増加し、受領が徴税権を担う公領と勢力を二分していった。

▲中世の不安定耕地。(歓喜光寺蔵『一遍聖絵』より)
*図版は、こちらからお借りしました。
 ↑もっと知りたい方はこちらをご覧下さい。
受領(ズリョウ)は名田請負契約などを通じて富豪層を育成する存在であるとともに、富豪から規定の税を徴収しなければならない存在でもあった。受領は、大きな権限を背景として富豪層からの徴税によって巨富を蓄え、中央官界とも直接結びついて富豪を牽制するなど、受領の統制を超えて権益拡大を図る存在でもあった。つまり、恣意的な地方政治を展開した。
本来、土地は全て天皇のものであり、その収穫物に対して年貢を納めるべきのものであった。国司(クニノツカサ)はその管理を委任された存在に過ぎない。にもかかわらず、その土地利用権を委譲された地方の有力農民は、新たに開墾した土地を貴族に寄進し、改めてその土地を借り受けて農業を営むようになる。
貴族に対する公的な給与が滞るようになってくると、貴族の所有する荘園から納入される官物をもって給与の代替とするために、貴族の所有する荘園に不輸の権(免税の権利)を与えるようになる。
農民にとっては、年貢を納めるよりコストがさがり、貴族にとっては、名義貸しだけで収入が得られるというメリットがあった。そのようにして、権門層(有力貴族・寺社)は各地に私領(私営田)を形成していった。
%E4%B8%8A%E8%A8%B401.jpg%E4%B8%8A%E8%A8%B402.jpg
▲国司苛政上訴 *図版は、こちらからお借りしました。
「尾張国郡司百姓等解」は尾張の在庁官人・百姓層が尾張守藤原元命(もとなが)による非法・濫行横法三十一箇条を訴えたもので、この結果元命は国司を罷免された。
参考 「水土の歴」 「荘園制から戦国大名による支配」 「戦国時代から江戸時代」

◆武士の台頭◆
9世紀ごろから関東地方を中心として、富豪層による運京途中の税の強奪など、群盗行為が横行し始める。朝廷は群盗鎮圧のために東国などへ軍事を得意とする貴族層を国司として派遣するとともに、従前の軍団制に代えて国衙に軍事力の運用権限を担わせる政策をとっていった。
そして、この時期の勲功者が武士の初期原型となった。彼らは自らもまた名田経営を請け負う富豪として、また富豪相互あるいは富豪と受領の確執の調停者として地方に勢力を扶植していった。

▲武士の発生と成立 受領と国衙(こくが)より
*図版は、こちらからお借りしました。
12世紀中期に天皇家・摂関家を巻き込む政争が起こり、その勲功のあった平清盛は異例の出世を遂げ、後白河上皇の院政を支えた。しかし、次第に後白河と清盛との間に対立が見られるようになり、清盛は後白河院政を停止して、自らの政権を打ち立てた。
平家支配に潜在的な不満を抱いていた各地の武士・豪族層が次々に挙兵し、平氏勢力や各地の勢力の間で5年に渡る内乱が繰り広げられたが、最終的には朝廷から東国の支配権、軍事警察権を獲得し、朝廷から独立した地方政権へと成長していた武家政権、すなわち鎌倉幕府の勝利によって内乱は終結した。
参考 「10世紀以降の受領と国衙 」

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "森林問題の深層◆2)混迷した林業政策の歴史(2) 平安時代・鎌倉時代の林政"

List    投稿者 staff | 2013-07-24 | Posted in E02.林業編No Comments » 
2013-07-17

【地球のしくみ】30(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・・後編

【地球のしくみ】29(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・前編

  の続きです。
%E7%B3%BB%E7%B5%B1%E6%A8%B9%EF%BC%88%E7%95%AA%E5%8F%B7%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%89%E5%BE%8C%E7%B7%A8%E3%81%AE%E9%A0%AD2013%2C07%2C15.JPG

(※図は当サイトで作成したものです。)

前回の前編の記事で、生命のエネルギー代謝は、
①(自然由来の)有機物「発酵」 ⇒【原始生命】
②無機・有機「複合体発酵」 ⇒【超好熱菌】
③原始的ながらも細胞膜の電子伝達系を使う「化学合成」 ⇒【嫌気性呼吸細菌】
④太陽光利用の「光リン酸化」と有機物生成「カルビン・ベンソン回路」 ⇒【嫌気性光合成細菌】
「水利用」と2段階の光励起を行う「光化学系Ⅰ・Ⅱ」 ⇒【好気性光合成細菌】
⑥酸素を利用した呼吸「トリカルボン酸回路(クエン酸回路)」 ⇒【好気性呼吸細菌】
の流れで進化してゆくことを見ていきました。

後編の今回は、この原核生物の時代に完成したエネルギー代謝システムを基盤に、真核生物~多細胞の時代における生物の進化です。
ここのポイントは、『捕食』『変異と安定の役割分化』、そして『酸素呼吸による適応放散』です。
そして、真核以降の生物の進化においても、生命は「逆境(⇒どうする)⇒進化」の繰り返しであり、その実現態の塗り重ねの歴史であることを理解できることです。

では、生命の初期進化、その後半の歴史をみてゆきましょう。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地球のしくみ】30(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・・後編"

List    投稿者 kirin | 2013-07-17 | Posted in D.地球のメカニズム, D01.地球史No Comments »