2012-12-12

『2012衆議院選挙直前企画』(5)~地方新聞は原発政策を契機に当事者意識の芽生えを呼びかける

%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%B4%99.jpg
先日の記事
『2012衆議院選挙直前企画』(1)~新聞報道による露骨な「『脱原発』叩き」(読売・産経)~
と題して、全国紙が各政党の原発政策をどのように評価しているのかを分析してみました。
最も明快な主張をしているのが、読売新聞で、脱原発=国力衰退、原発なしでは電力の安定供給ができないことを大前提とし、「脱原発」を無責任だと糾弾しています。
原発事故により産業が大打撃を受け国力を衰退させている現実、原発が停止しても電力供給は可能であり、むしろ核廃棄物処理が確立していないまま原発を使い続けることで電力供給が成立しなくなる現実には全く言及せずに、有権者に原発維持を迫っています。
全国紙は程度の差はあれ、直接あるいは間接的に原子力産業を資金源の一つとしてきた利益追求団体であるのは 事実 。
不偏不党のスタンスや、国民のために報道を行うのは、構造的に難しいのが実態です。
では地方紙の報道はどのようになっているのか?
「地方紙は各政党の原発政策をどのように評価しているのか?」を今回調査してみました。

(さらに…)

  投稿者 chai-nom | 2012-12-12 | Posted in V.2012衆議院選挙直前企画No Comments »