2010-08-28

『マグネシウムエネルギーは次代のエネルギーになりうるか』第8回~レーザーの作り方

さて 前 回 に引き続き、太陽光励起レーザーの仕組みを見てみましょう。
まずレーザーはどのような仕組みで光り輝くのでしょうか?

%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%85%89%E7%B7%9A0824.jpg
「レーザー」とは
>単波長の光を数多く発生させ、光の波の方向と位相をそろえ、増幅して、強力なエネルギーを持たせたものがレーザーだ。(参照:シリーズ新エネルギー②『マグネシウムの再生とレーザー技術』

さらに詳しくレーザーの仕組みを見ていきましょう

レーザーの仕組み
%E5%8E%9F%E5%AD%9008311.gif
あらゆる物質を構成する原子は、中心の原子核とその周りにある電子で構成されています。
電子や原子のエネルギー状態には「基底状態」「励起状態」があります。
「基底状態」とは最も低いエネルギー状態のことで、「励起状態」とはそれよりも高いエネルギー状態のことです。(基底状態の次に高いエネルギー状態を第一励起状態といい、以降高いエネルギー準位を順番に第二、第三励起状態と呼びます。)

物質に光を照射した時に、発生する「基底状態」~「励起状態」~「基底状態」へと移行現象の中に、レーザー発生の原理があるのです。
・・と続きを行く前に、応援を ポチッ :roll: とお願いします

(さらに…)

  投稿者 goqu | 2010-08-28 | Posted in E06.マグネシウムエネルギー11 Comments »