2008-08-31

水の物性・特徴を探る。最終回・改めて水の水素結合って何?

水の物性・特徴シリーズも、最終回です。 
 
水という物質が、強い水素結合の力をもっていて、その力が水の物性・特徴を発揮させていることをみてきました。 
 
例えば、水素結合の力が他の物資に働いて、多くの物資を溶かし込む。
その1 何でも溶かす親和力 
 
あるいは、水素結合の力から離脱する(気体になる)ために、大きなエネルギーが必要となり、水の蒸発に際して、大きな気化熱を奪う。
その4 打ち水すると涼しくなるのはなんで?~気化熱と水の特性~ 
 
また、原始地球の海で、水素結合の力が働き、リン脂質の2重膜が形成させ、球形の脂質シャボン玉ができあがり、生命誕生につながったのではないかと。
その8 水の水素結合の力による二重脂質膜球体の生成(生命の原型) 
 
何度も何度も、水素結合が登場しました。最終回は、この水素結合って何を一歩踏み込んで扱います。 
 
今回は、こんな模式図が登場します。 
 
Wat.jpg 
 
続きを読む前に、是非クリックを! 
 
  
 

(さらに…)

  投稿者 leonrosa | 2008-08-31 | Posted in D.地球のメカニズム3 Comments »