2009-08-22

地球環境の主役 植物の世界を理解する23 森の民ゲルマーニー人と北欧神話の世界

前回に引き続き、ゲルマーニー人の森と自然に対する意識を扱って見たいと思います :D

森の民ゲルマーニー人々の意識はどのようなものだったのでしょうか。その手がかりは北欧神話(Norse Mythology)にあります。北欧神話は、ローマ化される以前の森の民が広く口承で伝えてきたものを、後にラテン語で文字化したものです。

Idun_and_the_Apples2.jpg

北欧神話とは、とても奇妙な神話です。

世界中に神話はあまたありますが、その苛烈さと哀切さにおいて、北欧神話の右に出るものはないとも言われています。その特性は他の多神教神話にありがちな善悪二元論とは異なり、秩序と混沌の対立にあるという分析もあります。

北欧神話・滅びを運命づけられた神々の物語

アスガルド(神々の家)に住むオーディンを頂点とする神々は、自分たちがやがては宿敵である巨人族の力に抗しきれなくなり、滅びるであろうことを知っています。神々にしてそうなのですから、下界にいる人間に至っては、まことにはかない存在にすぎないのです。いかなる勇気、忍耐、偉業によっても、人々は自らを破滅から救うことはできません。にもかかわらず、男であれ女であれ、命をかけて雄々しく敵と戦わなければなりません。敵との戦いに身を捧げ、勇敢に死を迎えることによってのみ、人々はアスガルドの一角にあるヴァルハラに憩うことが許されます。

しかし、ヴァルハラの住人たちも、やがてくる神々の宿敵である巨人族との最終決戦において、神々の側に立って戦い、神々とともに滅びる運命を免れることはできないのです


つづきが気になる方は↓↓↓ポちっとね

(さらに…)

  投稿者 kasahara | 2009-08-22 | Posted in D.地球のメカニズム1 Comment »