2013-05-01

【人工甘味料アスパルテームで”元気な精子”激減/日本薬学会のショッキング報告】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で”元気な精子”が減る」
こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表されました。

%E6%B8%85%E6%B6%BC%E9%A3%B2%E6%96%99%E6%B0%B4.jpg
以下「食品添加物の危険性(リンク)」より引用します。

問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の180~220倍の甘さがあり、使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプのコーラや食品などのほか、糖尿病患者の治療食品にも利用されています。

研究報告をした京都府立大の北條康司助教授(食環境安全性学)が言う。

「アスパルテームを毎日1回投与したマウスと水だけを与えたマウスを比較したところ、形が正常で直進する”元気な”精子の率は、水だけのマウスが平均25%だったのに対し、投与したマウスは16%前後しかなかった。
しかも動物に影響がないとされるレベルの1/1000の量で精子に障害が起きています。

同じ哺乳類の人間の精子にもごく微量で影響が出そうです。
早急に使用基準を設けるべきです」

アスパルテームはこれまでにも消費団体などが頭痛やめまい、
脳腫瘍などの危険性を訴えていたが、厚生労働省では「問題ない」と許可してきています。

裏にアメリカの政治の影が…

続きを読む前に、応援クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

■ドナルド・ラムズフェルド巨利を手に毒性(失明・死亡)甘味料アスバルテームを広めた男

ラムズフェルド(1980年代、彼は政治との密な関係は保ちながら、世界的な製薬会社の会長兼CEOを務めていた。)はワシントン関係者との接触を利用して、食品医薬品局に、悪名高い人工甘味料「アスパルテーム」の販売を許可させた。

それに対し、様々な科学者は、

・失明や死亡、それ以外にも腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化
・皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下を挙げ、短期記憶への影響もあるとの見解を示していた

食品問題を専門に調査報道の著書も多いキャロル・ギルフォードは、アスパルテームは「細胞へのホロコースト」だと言っている。

この精神抑鬱剤(いや失礼「甘味料」だ)に政府の認可を取るために、1,977年、ドナルド・ラムズフェルドはGDサールに雇われたのである。

1,981年1月、レーガン―ブッシュ政権に多くの友人を持つラムズフェルドは販売会議を開いた。
ある参加者によると、「なじみに連絡して」年内にはアスパルテームを認可させると言ったという。

その直後、当時のFDA局長は権限を停止され、代わりに大学教授で国防総省の契約研究員のアーーサー・ハル・ヘイズにその仕事が与えられた。
ヘイズによる主な決定事項を見ると、最初が乾燥果物へのアスパルテーム使用認可で、最後が1,983年の清涼飲料水への使用認可だ。

どちらも人体への影響についてのさまざまな証拠や、調査委員会の反対を押し切ってのもだった。
その後FDAを離れたヘイズの次の仕事は、GDサールの広告代理店の上席顧問だった。
ラムズフェルドは、この恐ろしい物質が広く使用されるように裏から手を回したことで数百万ドルを手に人れ、さらにGDサールがモンサントに買収されたときにはボーナスとして1,200万ドルをせしめた。

【ポイント】
甘い=美味しいと感じる理由は、糖分が生体にとって重要なエネルギー源であるからであり、「甘いのにエネルギーにならない」と言う人工甘味料は、非常に不自然な物質であり、自然の摂理に反しているのである。

【関連投稿】
ドナルド・ヘンリー・ラムズフェルド(リンク
自然の摂理に反した欠陥商品=人工甘味料(リンク

List    投稿者 daichi | 2013-05-01 | Posted in 未分類 | No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/05/1317.html/trackback

トラックバック(2)

人工甘味料アスパルテームの危険性とは? | Buchi.Club
[…] 出典自然の摂理から環境を考える | 【人工甘味料アスパルテームで”元気な精子”激減/日本薬学会のショッキング報告】科学を身近に☆NewStream […][続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年10月20日

「ゼロカロリー」のコワーイ実態!心臓病やがんの引き金に?その危険性とは?
[…] 【人工甘味料アスパルテームで”元気な精子”激減/日本薬学会のショッキング報告】科学を身近に☆NewStream […][続きを読む]

トラックバック時刻: 2015年2月4日


Comment



Comment


*