2007-04-14

エネルギー枯渇は市場の問題なのでは?

エネルギー(主に化石燃料、特に石油)は約半世紀で枯渇するとの話もありますが・・・ :roll:

「しかし主要な化石燃料は、今後の約半世紀で枯渇すると言われています。
資料によると、石油40.5年天然ガスがとなっています。」

石油については通説として「有機成因説」とするものが主流で、エネルギー枯渇についての問題はかなり以前から言われてきています。
しかし最近登場した「無機成因説」(2003年 コーネル大学のトマス・ゴールド教授)も読んでみるとあながちありえない話ではなさそうです。
 
重要なエネルギーである石油が、半世紀で枯渇するのか、はたまた無尽蔵とは言わずとももっと貯蔵があるのか? 確かに気になる問題ではありますね。 :roll:
 
しかし石油が有限・無限に関わらず、現実としては世界需要の増加に伴い、生産量も増加している傾向が続いています。 そしてその結果、環境破壊を生じさせていることも事実です。
 
問題の根底はエネルギーの枯渇とは別の、市場・消費を優先するが為のエネルギー利用の問題なのでは?・・・・
*続きを読む前に ぽちっと お願い! :D

(さらに…)

  投稿者 kaz-tana | 2007-04-14 | Posted in F.エネルギー問題ってどうなっているの?No Comments »