- 地球と気象・地震を考える - http://blog.sizen-kankyo.com/blog -

デタラメだらけのコロナ5 ~コロナは欠陥の凝固(血栓症)を引き起こす⇒アスピリンによって血栓を溶かすことで治療ができる ~コロナ陽性反応者の実体験~

Posted By tutinori-g On 2021年6月15日 @ 9:09 PM In G.市場に絡めとられる環境問題,H01.マスコミ支配の危険性,N04.人工物質ってどうなん? | No Comments

今回はコロナを巡る、私(筆者)の実体験を記したいと思います。これは紛れもなく事実です。

筆者の妻は、一か月ほど前から体調を崩し、1週間以上37~38℃の微熱を繰り返すようになりました。
彼女は産まれてこの方、薬に頼るような人では無く、自分の免疫で病気も跳ね返すような人で、滅多に熱も出ません。
そんな彼女が1週間以上も熱が出るということ自体が異常事態。

彼女の症状は、
・37~38℃の微熱
・手足のしびれ
・節々の痛みと倦怠感
・頭の異常な気持ち悪さ(ずっと酔ってる状態と彼女は言っていました。)と頭痛
・お腹を下す
・若干の味覚異常。
これが1週間以上もずっと続くといった状態で、かなりきつそうでしたが、病院や保健所に言っても、どうせ、ホテルに監禁されるだけだとわかっていたので、彼女は病院には行かないことを貫いていました。
念の為、市販のPCR検査で調べたところ「陰性」反応が出たので、別の病気にかかっている可能性も否定できないので、こちらが頼み込み、やっと病院に連れていくことができました。

 

 

★★★「先生」と呼ばれる人種の無能ぶりと「人でなし」

 

発熱外来がやっている病院も少なく、やっとの思いで見てもらうことになりましたが、彼女の話だと、

看護師は丁寧に患者に寄り添って作業しているが、「先生」は別。
患者の顔を見ることも、前に立つこともせず、後ろから、「コロナにかかってるね」の一言。
「ホテルで待機する?それとも自宅?」(本当にこんな口調だったそうです。)

彼女は別にパニック障害を患っているので、ホテルは断りたい旨を訴えると、
「ホテルはほぼ監禁状態だから、きついよ。でもこの先は保健所の管轄なんで、病院は感知しません。保健所から連絡行くと思うから、その時に言って。それまで自宅待機しておいて。」(本当にこんな口調)

 

後からそれを聞いて、心底腹が立ちました。

 

患者の苦しむ原因を解決するのが医者としての大義でなないのか?
実際に現場で汗をかいているのは、看護師だけで、自分は姿も顔も見せず、後ろからデータを見て、陽性or陰性を確認し、あとは「隔離」させるだけ。
あげく出してきた薬は、大量の解熱剤と整腸剤、頭痛薬。。。

 

いや、全くの無能でしょ!?

しかも苦しむ患者に上から目線の物言い。「人でなし」とはこういう人たちのことを言うのだと心底思いました。

 

 

★★★血栓を引き起こすのがコロナ⇒アスピリンによって血栓を溶かして治療できる

以前、デタラメだらけのコロナ3 ~コロナの死亡の本当の原因は5Gと細菌→マスクをすることは「意味が無い」ばかりでなく「危険」~ [1]

というエントリーで、

5G光線にさらされた細菌であり、免疫力が非常に低い人を傷つける。この放射線は人々に血栓症を引き起こし、静脈の血栓、したがって脳、心臓、肺が酸素化できなくなる。
これにより、炎症や低酸素症を引き起こし呼吸困難に陥るということが解った。原因がそうであるため、人工呼吸器をつけても対処療法でしかなく死に至る場合が多い。
ということがわかったそうです。

~中略~

科学的発見の期間の後、それがウイルスであると仮定することはできませんが、むしろ死を引き起こし、静脈と神経に血栓の形成をもたらす細菌であり、これらの細菌のために患者は死にます。
ロシアはウイルスを打ち負かし、「血管の凝固(血栓症)以外に何もなく、治療法は無傷である」と述べました。
抗生物質錠、抗炎症および抗凝固剤(アスピリン)の服用。
それは病気を治すことができることを意味します。

 

ということを書きました。

既にコロナは「血液の凝固を引き起こす」ことをロシアでは解明されています。そしてアスピリンが治療法だということも。

彼女はもともと赤血球の数が少なめで、低血圧気味。今回の症状は、手足のしびれや頭の異常な気持ち悪さなど、全て末端まで血が、酸素が行き渡らないことによる症状だということも整合します。
だから、病院でもらった薬は全て捨てて、市販のアスピリンを飲ませることにしました。彼女ももちろん同意の上で。

すると、アスピリンを飲んだその日に全ての症状が軽減し、熱も下がりました。

2日後には完全回復し、保健所から送ってきた酸素計も測ったところ平常値に戻っていました。(というか送ってきたころには既に完治していたということ)

当人自身がこれに驚き、これまでの苦しみから解放されたこと、そしてそれらを追求してきた私にも会社のみんな(★ちなみに当ブログは会社の仲間と共に調査し追求しています)にも涙を流して感謝していました。

 

 

★★★コロナは血栓症を治せば、ただの風邪。ワクチンなんかはむしろ血栓を引き起こす。毒であり、血栓増長剤。

 

コロナ(と呼ばれる細菌症)の症状は、確かに人に依る。

血液の状況があまり良くない人は重症になるが、それでも「血栓を溶かす」アスピリンで治療はできる
それ以外の人にとっては普通の風邪と一緒。現に、妻に移った感染経路は私しか考えられず、そういえば数週間前に1週間ほど微熱が続いたが、バファリン(アスピリンを含む頭痛薬)を飲んだらすぐに治りました。(この時はコロナの自覚はありませんでしたが)

だから、必要以上に怖がる必要はありませんし、すぐに治ります。

 

ですから、ワクチン接種なんてもっての他です。

この「ワクチン教」が世間やマスコミを通じて、どんどん私たちに洗脳していきますが、ワクチンなんて飲んだら「血栓」を引き起こします。その他にも脳に病気をもたらすなど、いわゆる「ワクチンの副作用」レベルの脅威では無く、明らかに病気を悪化させ、死に至らしめます。

 

Covid-19用のワクチンを打って、血栓症で亡くなる方がでるのってどういうこと? [2]

英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンの接種者に血栓の症状が報告されている問題で、英国政府は7日会見し、79人に副反応とみられる血栓症が出て、うち19人が死亡した、と発表した。この結果を受け、30歳未満には別のワクチンを接種するよう勧めた。
発表によると、血栓の症状が出た79人の内訳は女性51人、男性28人。死亡した19人の内訳は女性13人、男性6人だった。19人のうち11人は50歳未満で、3人は30歳未満という。79人はいずれも最初のワクチン接種後に血栓症を発症したという。

 

mRNAコロナワクチンは安全か? [3]

衝撃的な研究により、mRNA コロナワクチンが、プリオンベースの病気を誘発し、脳を徐々に退化させるという恐ろしい危険性を持つことが明らかにされた。 人間の長期記憶はプリオン様タンパク質によって維持されるため、mRNA ワクチンによって誘発されるプリオンは神経変性疾患を引き起こす可能性がある。 この研究は、mRNA ベースのワクチンが ALS、前頭葉変性症、アルツハイマー病、およびその他の神経変性疾患を引き起こす可能性があると結論付けている

 

mRNAコロナワクチンは安全か?(続) [4]

ワクチン接種者は 8億人に迫っていますが、これまでの累計の新型コロナウイルスの感染確認数は 1億3727万8683件です。ワクチン接種が自然感染をはるかに追い抜いています。
そんなことになってきていますが、今回は締めとして、最近のイスラエルでの研究を取り上げていた記事をご紹介します。その研究内容は、「南アフリカ変異種は、ワクチン接種を受けていない人たちより、接種を受けた人々のほうが 8倍多く感染していた」ことがわかったものです

 

今回、自分の身内がコロナにかかり、この不整合な世の中(政府、マスコミ、病院etc.)を目の当たりにした。
世間ではワクチンを否定すれば、「陰謀論」だ「エビデンスはなんだ?デマだ!」なんだと騒ぎ立てますが、この現実を目の当たりにした私からすれば、あんたらのほうがよっぽど根拠が無いし、情報がデマだし、デタラメだ。と声を大にして言いたい。

 

もう一度言う。コロナなんかアスピリンですぐに治る。
そんなしょーもない病気を怖がってマスクをし、自ら免疫を下げ、別の病気にかかりに行っている。人と人とのコミュニケーションもとれない、無味乾燥な毎日を自ら送り、あげくの果てには、ワクチンを打たれて自ら死んで行く。これが何も考えない飼いならされた多くの人たちの姿です。

自らの頭で何が本当か?を追求しないと殺される時代に入った(=ワクチンシステムを使用した大虐殺の時代の到来 [5])ということは決して言い過ぎでは無いと思います。


Article printed from 地球と気象・地震を考える: http://blog.sizen-kankyo.com/blog

URL to article: http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2021/06/5220.html

URLs in this post:

[1] デタラメだらけのコロナ3 ~コロナの死亡の本当の原因は5Gと細菌→マスクをすることは「意味が無い」ばかりでなく「危険」~: http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2021/04/5129.html

[2] Covid-19用のワクチンを打って、血栓症で亡くなる方がでるのってどういうこと?: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=366208

[3] mRNAコロナワクチンは安全か?: http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2021/04/5136.html

[4] mRNAコロナワクチンは安全か?(続): http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2021/04/5147.html

[5] ワクチンシステムを使用した大虐殺の時代の到来: http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2021/05/5173.html

Copyright © 2014 自然の摂理から環境を考える. All rights reserved.