- 地球と気象・地震を考える - http://blog.sizen-kankyo.com/blog -

人工物質が肉体を破壊してゆく その5 JTの「塩」をどうかして欲しい!!

Posted By mamayo On 2009年10月26日 @ 9:05 PM In N04.人工物質ってどうなん? | 5 Comments

「命の素」である塩を明治政府は国家専売にしました。
国家による専売と20世紀の工業技術が結びついて、「塩」が暴走します。 
 
るいネットのJTは、タバコより「塩」をどうかして欲しい。(原賀隆一さん) [1]から、日常的に摂取している「塩」がどのように自然の摂理から逸脱しているかを押さえてみます。 
 
1.明治政府は何故、塩を専売したのか?

「タバコ」と言えば、今はJTですが旧は「専売公社」でした。専売公社は、民間で製造・販売したら法律で罰せられる品を(国営で)売っていたわけです。それが民営化したらなぜか社名が「日本たばこ産業」となったのですが、元々「専売品」のトップ商品は「塩」でした。「塩」がなければ人間は死ぬからです。「命の素」を専売していたのです。 
 
日本は日清、日露戦争の戦費を英国(ロス・チャイルド系金融機関)から借金して、その返済手段として、これまた英国伝授である、「塩」を国の専売にしました。そして国は利益を上げるため?外国から安い塩を輸入し始めたため国内の塩田(製塩業)は壊滅状態になりました。
ところが、第二次世界大戦直前、いわゆるABCD網によって海外からの輸入がストップしてしまい、あわてて国内生産をしようとしましたが復旧が追いつかず、 戦中・戦後間もない頃まで非常に深刻な「塩不足」になり、その時「塩欠病」で亡くなった方は数万人とも言われていますが、未だに正確な数字は公開されていません。 
 
さらに戦費完済及び戦争賠償金などもあり、後もずっと平成まで「専売」を続けたのです。ただし戦後でも(輸入も多かったでしょうが)まだ生命維持に必要なミネラルを充分含んだ「自然塩(天日塩)」に近い「粗塩」が主でした。

091015%E5%A1%A9%E5%8B%99%E5%B1%80%E8%B5%A4%E7%A9%82%E5%BA%81%E8%88%8E.jpg 
 
旧赤穂塩務局庁舎(現・赤穂市民族資料館) 
近代建築Watch [2]から拝借しました。 
 
塩の専売は、日露戦争開戦の年である1905年(明治38年)、当時の大蔵省専売局によって始められました。1904年のたばこ専売と共に戦費調達が目的だったのですね。 
 
専売事業は1949年(昭和24年)に日本専売公社(後に日本たばこ産業)に移管、1985年(昭和60年)にたばこ専売制が、1997年(平成9年)に塩専売制が廃止されるまで続きました。現在、塩事業は日本たばこ産業から(財)塩事業センターに移管されています。 
 
ポチッとお願いします。 
 
 
 


2.20世紀の便利で安易な塩精製技術「イオン交換膜法」の導入

ところが(正確には調べていませんが)昭和38年(1963年)頃から専売公社は「食塩(NaCl/99.9%)」を精製製造、販売し始めたようです。 
 
「食塩」は「イオン交換膜法」という生成法で作られた化学物質とも言えるもので、JTでは 【電気の力を利用して海水を濃縮し、それを蒸発させて結晶化する。安定した品質の製品を大量に生産することが出来ますが、いわゆるニガリ分が少なく、純度の高い塩となります。「食塩」や「並塩」として売られ、家庭や食品工業に多用される最も安価で代表的な塩です。】 とありますが、「純度の高い塩」とは「塩化ナトリウムだけ?」ということでしょう。 
 
また「安価で代表的」が恐いのです。それは、ほとんどの加工食品に使われている?と思っていいからです。 
 
また、「食卓塩」は 【メキシコ、オーストラリアなどから輸入された天日塩を3倍ほどの水で溶解し濃度の高い塩水を作り、薬品でカルシウム、マグネシウムなどの不純物(?)を沈殿・除去します。あの後水分を加熱蒸発させて再結晶化させる方法。
塩化ナトリウム99.5%以上のピュア(?)な塩です。】
 とされています。(?は個人的に疑問視したもの)そして本来の「自然海水塩」に含まれる各種ミネラル(金属・非金属元素)は、精製の段階で抽出し工業、医薬品、農薬、肥料会社などに売り(?)、国民にはただ辛いだけの「塩化ナトリウム」を販売しました。もちろん外食産業やファーストフードから加工食品に至るまでこの塩の大量消費されてきました。

  イオン交換膜法のユニットがならぶ電気透析室
  091025%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E4%BA%A4%E6%8F%9B%EF%BE%95%EF%BE%86%EF%BD%AF%EF%BE%84.jpg
  たばこと塩の博物館・イオン交換膜法 [3]から。 
 
イオン交換膜製塩法が本格導入されたのは1971年。
「イオン交換膜法」による塩精製は、当初、工業用の塩を安価で効率的に生産する為に考案されたものです。工業用なので、塩化ナトリウム純度が要求され、生産工程で「ニガリ成分」を分離しています。 
 
この「ニガリ成分」を分離した工業用の塩を、人の食する「塩」に流用していったのが、日本専売公社(現日本たばこ産業)だったのです。 
 
その後、1990年代になるとニガリ成分を分離した「塩」への批判が、高まりました。1997年に塩専売が停止され、現在は、「イオン交換膜法」ではない方法で、ニガリ成分を含んだ「塩」が販売されています。 
 
 
3.工業発の純度の高い塩化ナトリウム(塩)は、人工物質そのもの 
 
☆海の成分構成(イオン・ミネラル)と生命体の体内成分構成は同じ 
 
生命は、海の中で生まれ・進化してきました。
だから、生命体の体液・血液のイオン・ミネラル成分の構成は、基本的に海の成分構成に等しいのです。
「生命体は、体内に海をもつ」と比喩的に言われます。その典型例が、胎児が生活する羊水です。
☆陸上動物にとって、塩は「命の素」。最重要の食物 
 
陸上にあがった動物達は、身近に海がありません。海の成分/イオン・ミネラル類を食物として摂取する事が必須となります。
そこで、動物達(草食動物達)は岩塩や塩を含んだ土を必ず発見し、なめたり、食べたりします。一方、肉食動物は、獲物の体液や血液を摂取することで、イオン・ミネラル類を摂取します。
初期人類も、動物と同じ様に、岩塩を発見し、動物の血液を摂取していたと思います。
人類は、農耕・穀物食の段階を迎えると、イオン・ミネラル類の摂取を、大々的に「岩塩」や海水から精製した「塩」に依拠するようになります。 
 
動物が摂取している「塩」も、農耕時代に人が海水から精製した「塩」も、海の成分/イオン・ミネラル類の成分構成を保った「塩」でした。 
 
☆工業的に精製する、純度の高い塩化ナトリウムは、大きく「海の成分/塩」から逸脱している 
 
生命進化の35億年、動物の生理機構は、海の成分構成/複合的なイオン・ミネラル類構成を前提に進化、精緻化してきました。
陸上動物では、イオン・ミネラル類の複合物としての「岩塩」や「塩の土」を前提にして、摂取・消化吸収機構が出来上がっています。
動物も人も、決して、塩化ナトリウムだけを摂取するようにはできていないのです。純度の高い塩化ナトリウムは生理的ストレスをもたらす異物・人工物質です。 
 
 
生命体・人にとっては、海水成分のままに凝縮した「塩」を摂取することが、自然の摂理に適ったやり方であり、生命体の精緻さはまだまだ、人智を超えているという謙虚さが必要なのです。 
 


Article printed from 地球と気象・地震を考える: http://blog.sizen-kankyo.com/blog

URL to article: http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2009/10/615.html

URLs in this post:

[1] JTは、タバコより「塩」をどうかして欲しい。(原賀隆一さん): http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=117243

[2] 近代建築Watch: http://hardcandy.exblog.jp/11410991/

[3] たばこと塩の博物館・イオン交換膜法: http://www.jti.co.jp/Culture/museum/sio/japan/ion.html

Copyright © 2014 自然の摂理から環境を考える. All rights reserved.